国家安全法制の導入は香港に必要=マカオ特区長官

CRI online    2020年6月26日(金) 16時25分

拡大

マカオ特別行政区の賀一誠行政長官は25日に記者のインタビューに答えた際

 マカオ特別行政区の賀一誠行政長官は25日に記者のインタビューに答えた際、「マカオの実践経験からすれば、香港は国家安全法制の導入を擁護する必要がある」と指摘しました。

 賀長官はさらに、「マカオで2009年に『国家安全法』を採択した後、外部勢力による度を越した活動展開は抑えられていた。仮にそういった行動があれば、我々はマカオの『国家安全法』に則って訴訟を起こす」と示しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

端午の節句に屈原を偲ぶ

CRI online

2020/6/25

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携