新型コロナの状況下で中国が回復の原動力に=経済学者

CRI online    2021年3月30日(火) 13時3分

拡大

ブラジルのリオデジャネイロ連邦大学のモニカ・ブロックマン教授はこのほど

(1 / 2 枚)

ブラジルのリオデジャネイロ連邦大学のモニカ・ブロックマン教授はこのほど、アルゼンチンメディアのインタビューに答えた際、「新型コロナウイルスによる肺炎はラテンアメリカ、アメリカ、ヨーロッパで異なる影響を及ぼしている。ラテンアメリカ各国は協調しながら協力し、共に新型肺炎を打ち勝つべきだ」と指摘しました。

その他の写真

リオデジャネイロ連邦大学のモニカ・ブロックマン教授

 ブロックマン教授は、「現在起きたすべてのことは、2020年から2021年にかけて、新型コロナウイルスによって起きた経済危機が2008年よりさらに深刻であり、1929年の経済危機とほぼ同じだということを表している。世界銀行の予測では、世界のGDPは新型肺炎によって5.2%減少すると見込まれている。実際に、これらの予測によると、2020年のGDPは先進国が7%、新興国家が2.5%、東南アジア諸国が0.5%減少すると見られ、ラテンアメリカの減少幅は7.2%に達する。その一方、中国のGDPは減少するどころか、増加することになるだろう」と述べました。

 また、ブロックマン教授は、「中国とその他の東南アジア諸国が世界経済の復帰の原動力となり、今後数年間で世界経済体系において重要な影響を生じていく」との見解を示しました。

 また、スペインのポンティフィシア・コミージャス大学のエリザベス・アラシル教授は、「中国は、世界、特にラテンアメリカ経済への影響が大きい」と指摘しています。

スペインのポンティフィシア・コミージャス大学のエリザベス・アラシル教授

 アラシル教授は、「中国によるラテンアメリカ経済への貢献は国際貿易だけではない。中国はラテンアメリカの最も重要な投資者である。中国政府が提唱した『一帯一路』構想は、ラテンアメリカ国家の原材料の輸出を促進してきた」と指摘しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携