TikTokとオラクルの提携案、承認手続きは米大統領選後までずれ込む可能性も―米華字メディア

Record China    2020年10月4日(日) 20時20分

拡大

米国の中国語ニュースサイトの多維新聞は3日、TikTokとオラクルの提携案について、「米国メディアによると、承認手続きは11月3日の米大統領選の後までずれ込む可能性がある」と伝えている。

米国の中国語ニュースサイトの多維新聞は3日、中国企業の字節跳動(バイトダンス)が提供する人気短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と米ソフトウエア大手オラクルの提携案について、「米国メディアによると、承認手続きは11月3日の米大統領選の後までずれ込む可能性がある」と伝えている。

それによると、米ブルームバーグは2日、「バイトダンスは、TikTokの株式売却計画を巡り、未解決となっている国家安全保障上の懸念解消に向けて、米国の国家安全保障リスクを審査する対米外国投資委員会(CFIUS)と協議している」と報じた。

そして消息筋の話として、「承認手続きは11月の大統領選後までずれ込む可能性もある。今後詰めなければならない詳細が膨大なこともあり手続きの進捗(しんちょく)が遅い。それに加えて、より重要なのは、早期の連邦最高裁判事の上院承認を目指し、大統領選再選に集中するトランプ大統領にとって、TikTokの優先順位が下がっていることだ」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携