中国初のパンダをテーマにしたインタラクティブ体験博物館、開館

CRI online    2021年3月9日(火) 22時12分

拡大

 中国初のジャイアントパンダをテーマとしたインタラクティブ体験博物館「成都ジャイアントパンダ博物館」が3日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地内で一般公開を開始しました。 博物館の建築面積は7179平方メートル。パンダおよびパンダと関係の深い動物、パンダの繁殖・科学研究と生息地保...

中国初のジャイアントパンダをテーマとしたインタラクティブ体験博物館「成都ジャイアントパンダ博物館」が3日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地内で一般公開を開始しました。

博物館の建築面積は7179平方メートル。パンダおよびパンダと関係の深い動物、パンダの繁殖・科学研究と生息地保護、国際交流・協力など7つの展示エリアが設けられています。観光客は「パンダ前伝」、「竹林隠遁者」、「パンダ発見」、「絶滅危惧年代」、「保護の道」などのテーマ展を通じて、パンダなど絶滅危惧種の生存状況を知ることができます。

科学技術インタラクティブ・デバイスは博物館のハイライトとなります。これらのデバイスを通じてパンダの生息環境、パンダと同時期の動物、パンダの昔から今日までの進化過程が立体的に展示されています。

今のところ、博物館は無料で公開されており、新型コロナウイルスの感染防止対策によって、博物館の観光客数が制限され、団体見学は事前に予約しなければならないとのことです。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携