国家エネルギー局 今年の石炭火力発電ユニット改造規模は2億2千万kw超に

CRI online    2022年4月26日(火) 17時0分

拡大

国家エネルギー局は24日、「今年、石炭火力発電所のユニットに対する改造の規模は2億2000万キロワット以上に上る」と発表しました。

 それによりますと、同局は全国の石炭火力発電企業を指導して1キロワット時当たりの発電用スタンダード石炭投入量が300グラムを超えたユニットに対する改造を行います。投資額は500億元(約9955億円)近くとなり、石炭1000万トン以上が節約できると見込まれています。

 なお、中国の石炭火力発電設備容量は11億キロワットを超えており、1キロワット時当たりの発電用スタンダード石炭投入量は平均約305グラムで、米国より30グラム以上少なくなっています。

 一方、運転中の石炭火力発電所で約4億キロワットに上るユニットの1キロワット時当たりの発電用スタンダード石炭投入量は比較的多く、省エネ・二酸化炭素(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携