<コラム>私が見た中国人の不思議な行動、なぜ寒い日に窓を開けるのか

照 誠之助    2021年3月30日(火) 12時8分

拡大

私はITソフトウェア事業に携わっており、部下2人ともが中国人である。私は40代だが、彼らはともに20代前半。立場上、年齢上、出身地域上、民族文化上などいろいろな違いがあるが、彼らの言動について「おや?」に思うことが多い。資料写真。

私はITソフトウェア事業に携わっており、部下2人ともが中国人である。私は40代だが、彼らはともに20代前半。立場上、年齢上、出身地域上、民族文化上などいろいろな違いがあるが、彼らの言動について「おや?」に思うことが多い。日常における中国人との付き合いについて不思議に思ったことをお伝えしたい。

S君は中国福建省の出身。福建省は中国の中で南に位置し、省都は福州市。S君は、客家人で普通語、福建語、客家語を話せるとのこと。そんなS君は、1年前の4月に弊社に入社した。

S君は、22才だがすでに結婚しており、10月には新築のマンションを都内に購入するほど堅実な性格である。仕事柄は真面目で、遅刻することはなく、また退勤時間になるとすぐ帰宅する。そんな彼と仕事をしていて不思議に思ったことは、「寒いときでも暖房を消して、窓を開ける」ということである。

ある寒い日、私は暖房を入れていた。その後外に出かけ、帰ってくると暖房は止まっていた。さらには、冬だというのに窓を開いているのだ。S君はと見ると、彼は屋内だというのにダウンジャケットを着てせっせと仕事をしている。

この時、社内にはS君しかいなかったので、暖房を止めたのはS君であるのは確実。彼の気持ちを尊重するため、しばらくその状態で自分も仕事をしていたがさすがに寒かったので、S君に暖房をつけていいかと確認した。S君は「はい」とは答えたものの、少し不満そうだった。

このようなことが何回か続いた後、S君になぜ暖房を消すのか聞いたところ、「暖房が嫌い」。そして「空気が悪かったから窓を開けた」ということだった。

この暖房嫌いは中国人特有のものだろうか?それともS君固有のものだろうか?

友人の中国人、特に同じ福建人に聞いてみると、S君と同じように暖房が嫌いで、家でも社内でも上着を着て過ごすそうだ。中国の南方は暖房があることが少なく、エアコンの効きもよくないということで寒い冬はダウンジャケットを着て過ごすとのこと。まさにS君の行動である。そして、空気が悪いから窓を開けたことだが、中国では「換気したかった」という理由で離陸前の飛行機の非常ドアを勝手に開ける騒動も発生している。

このようなことを考えると、「暖房嫌い」「換気大好き」というのは南方の中国人の国民性とも言えるのではないか。

ところで、最近温かくなり、S君もダウンジャケットを着ずに出社するようになった。少し肌寒かったあるとき、外出して帰ってくると暖房がつけられていた。S君も少し日本の生活に慣れてきたのかもしれない。

■筆者プロフィール:照 誠之助

1976年生まれ。鹿児島出身。鹿児島中央高校卒業。2008、2009年と上海に滞在しいろいろな中華料理を食べ、奥深さに感銘する。日本に戻ってからも、現地に近い中華料理店を求めて、食べ歩く毎日を過ごしている。青島ビールの東アジア地区アンバサダーでもある。

■筆者プロフィール:照 誠之助 1976年生まれ。鹿児島出身。鹿児島中央高校卒業。2008、2009年と上海に滞在しいろいろな中華料理を食べ、奥深さに感銘する。日本に戻ってからも、現地に近い中華料理店を求めて、食べ歩く毎日を過ごしている。青島ビールの東アジア地区アンバサダーでもある。 Facebookはこちら ※フォローはメッセージ付きで。

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携