レクサスの脅威に?韓国ジェネシスが「攻撃的目標」を発表

Record China    2018年12月28日(金) 10時20分

拡大

26日、韓国メディア・電子新聞によると、現代自動車グループのプレミアムブランド「ジェネシス」が、初のSUV「GV80」の量産規模を10万台とする「攻撃的目標」を掲げた。資料写真。

2018年12月26日、韓国メディア・電子新聞によると、現代(ヒュンダイ)自動車グループのプレミアムブランド「ジェネシス」は、来年発表する初のSUV(スポーツ多目的車)「GV80」について、10万台の量産を行うと明らかにした。

ジェネシスは来年9月から、現代自の蔚山(ウルサン)工場で本格的な量産に入る。記事は「ブランドの正式立ち上げから3年、累積販売数が20万台という点を考慮すると、攻撃的な目標だ」と伝えている。

「GV80」は、ジェネシスのラインナップでは初のSUV。企画段階からベンツ、BMW、レクサスなど、グローバルプレミアムブランドのSUVを徹底的にベンチマーキングしたという。まずガソリンモデルから生産する計画で、「G80」などに搭載していたGDIエンジンを「GV80」用に改良して使用すると予想されている。

またジェネシスは来年、「GV80」とともに主力セダンの「G80」の新型モデルも発表する。ブランド全体の量産目標として、従来の生産能力15万台の2倍となる「30万台水準」を掲げている。ジェネシスは今年11月までの国内販売数が前年同期比18.4%減(5万5731台)、主力輸出市場の米国内販売数も約30%減と振るわず、この新車2種の発表で、来年は業績回復に拍車をかける考えという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「造るのは勝手だから好きにすればいい。でも高級車がそんなに売れるかね」「値段が安くないとな」「普通にベンツを買うわ」「値段が変わらないなら、すでに性能が検証されているフォード・エクスプローラーを買うよ」「えっ、GDIエンジン?」「いろいろ言われてるGDIエンジンを使うのか…」「労組がストを始めそうだな(笑)」「自分がすれば『ベンチマーキング』、他人がすれば『コピー』?」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携