〈一帯一路実践談13〉2004年NHK「新シルクロード」同行取材

小島康誉    2020年4月18日(土) 16時0分

拡大

2002年には「日中共同ダンダンウイリク遺跡学術調査」を開始し、焼損した法隆寺金堂「鉄線描」壁画の源流の実物資料といえる「屈鉄線」壁画を発掘した。写真は発掘現場、右奥が張玉忠新疆文物考古研究所副所長。

一帯一路」の重要地帯である新疆ウイグル自治区で実践してきた世界的文化遺産保護研究などを連載中。2002年には「日中共同ダンダンウイリク遺跡学術調査」を開始し、焼損した法隆寺金堂「鉄線描」壁画の源流の実物資料といえる「屈鉄線」壁画を発掘した。

これまた不思議な縁であった。前年に調査を予定、実施直前にアフガニスタンで戦闘が始まり、隣接する新疆政府の勧告により延期した経緯があり、もし2001年に実施していたら、おそらくこの仏様にはお会いできなかったであろう。千数百年の時をへて「般若心経」を唱え、一同は感涙にむせんだ。

この時は本格発掘の準備をしておらず、翌月、新疆側が急ぎ態勢を整え、約2週間にわたって発掘した。大沙漠奥深くで発掘し、ラクダと車で、大型の壁画を破損させぬよう約1400km離れたウルムチの研究所まで運ぶのは一苦労である。その中の如来が描かれた壁画を目にした我々は、その眼差しと微笑みを拝し、思わず「西域のモナリザ」と叫んだ。


(法隆寺「鉄線描」壁画の源流といえる「屈鉄線」壁画「西域のモナリザ」)

法隆寺金堂壁画が焼損したのは1949年1月26日。以来この日は「文化財防火デー」とされ、消防訓練や啓蒙活動が各地で行われている。その画法は「鉄線描」と言われ、中国から伝わったとされてきたが、古の戦乱などにより中国でも残っていなかった。我々がダンダンウイリク遺跡で発掘した壁画は法隆寺壁画と同じ手法で描かれ、唐代の『歴代名画記』に「屈鉄盤絲の如し」(屈鉄線)と記されている壁画であった。

2003年、新疆文物考古研究所で壁画の予備研究を開始。井上正前佛教大学教授は「内容は豊富、西域壁画の最高傑作のひとつ、文献にある『用筆緊勁にして屈鉄盤絲の如し』そのものを見ているようだ」と最高水準の評価を与えた。この時は中国で「サーズ」が流行中で、関空から北京への乗客は筆者ら4人の日本人研究者と帰国する中国人3人だけだった。北京空港は閑散としていた。

筆者は保護研究協議書を新疆文物局の艾尓肯・米吉提副局長と交わし、国家文物局より正式許可を取得した。2004年には日中両国の保護処理専門家を交えて協議し、保護研究原案を策定、国家文物局専門家委員会で承認され、準備を開始した。


(NHK・CCTVが同行取材した第二次調査隊の夕食、右2がNHK中島木祖也氏)

NHK「新シルクロード」取材班が希望したダンダンウイリク遺跡調査撮影交渉は難航し数回に及んだが、筆者が「今日は私の誕生日だから」と各方面に譲歩を求め調印。10月第二次調査をNHKとCCTVが同行取材した。

■筆者プロフィール:小島康誉 1942年名古屋市生まれ。佛教大学卒。浄土宗僧侶、日中理解実践家。66年宝石専門店を起業し上場企業に育て上げ、96年創業30周年を機に退任。1982年より中国新疆を150回以上訪問し、世界的文化遺産保護研究・人材育成など国際協力を多数実践。佛教大学客員教授を歴任し現在、佛教大学内ニヤ遺跡学術研究機構代表、新疆ウイグル自治区政府文化顧問。編著『新疆世界文化遺産図鑑』『中国新疆36年国際協力実録』など。日本「外務大臣表彰」・中国文化部「文化交流貢献賞」・中国人民対外友好協会「人民友好使者」ほか受賞多数。 ブログ「国献男子ほんわか日記」 書籍はこちら(amazon)

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

広場 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携