サムスンの「日本嘲笑」広告が韓国ネットで大反響、でも実際は…

Record China    2020年5月28日(木) 20時20分

拡大

28日、韓国日報は「日本を嘲笑する内容が含まれたサムスン電子の広告が韓国人の反日感情を刺激し、大注目を集めている」と報じた。

2020年5月28日、韓国日報は「日本を嘲笑する内容が含まれたサムスン電子の広告が韓国人の反日感情を刺激し、大注目を集めている」と報じた。

記事によると、韓国のインターネット上に同日、「サムスンの広告の近況」「サムスンが日本市場をあきらめた」などのタイトルで2種類の広告が掲載された。1つはタブレットPCの写真と、その上に「THIS IS A…PEN!が搭載されたサムスンのタブレット、数量限定 特価」との文字が書かれたもの。これについて記事は「TBSの情報番組『ひるおび』が21日に放送した実験を風刺したもの」と説明している。番組では「日本が感染拡大を抑えられた要因は言語にある」との説を検証するため、実験者にティッシュに向かって日本語と英語でそれぞれ「これはペンです」と発音させた。その結果、英語でティッシュがより大きく揺れたため「日本語は英語より唾が飛びにくく、これが米国より日本の新型コロナウイルス感染者が少ない理由だ」と主張した。この実験は国内外で話題となり、「ペンは日本語でも英語でも同じ発音なのに、実験者が英語のときだけ強く発音した」などと指摘する声が相次いでいた。

もう1つの広告はノートパソコンの写真と、その上に「FunでCoolでSexyなサムスン電子の夏の新製品、ノートパソコンの特価企画展」と書かれたもの。これは小泉進次郎環境大臣の発言を風刺したものとみられるという。小泉氏は昨年9月、米ニューヨークで開かれた国連気候行動サミットで「楽しくクールにセクシーに取り組むべき」と発言して話題となった。

これを見た韓国のネットユーザーからは「最高だ」「面白過ぎる。LG電子も見習って」「サムスンのマーケティングチームはセンスがある」「日本市場は捨てたということ?」「日本政府の貿易報復(対韓輸出規制強化措置)によりサムスンが日本の素材企業を見捨てたといううわさは本当だったようだ」などの声が上がっている。

しかし実際のところ、この広告はサムスンのものではなく、各メーカーの電子機器を購入して再販するリセラーのセール告知のために作られたものだという。記事は「広告の左上にはサムスンのロゴまで入っているためサムスンの広告のように見えるが、販売業者のウェブページに掲載された実際の広告には当該業者の商号が明示されている」とし、「ネット上ではサムスンのロゴと製品の部分だけが紹介されてしまったため誤解が生じたようだ」と説明している。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携