11月から「留学帰国者証明」が不要に=教育部

CRI online    2020年9月18日(金) 19時35分

拡大

中国教育部は17日、「留学帰国者証明」の制度を2020年11月1日から取り止めることを発表しました。写真はハーバード大学。

中国教育部は17日、「留学帰国者証明」の制度を2020年11月1日から取り止めることを発表しました。

「留学帰国者証明」は、留学からの帰国者が国内で就職、進学、海外留学の学歴と学位を証明する際の重要な証明となるもので、海外駐在の中国大使館や領事館の教育(文化)機構が発行しています。

中国教育科学院の儲朝暉研究員によりますと、「留学帰国者証明」制度の取り止めは、留学帰国者たちの帰国後の就職や生活に便宜を図るための措置だということです。

11月1日以降、関連部門は実際のニーズに基づいて、海外の大学や研究機関の入学証明資料や学位証書、卒業証書などによって留学者の身分と経歴の証明とするほか、留学者のパスポートとビザ、出入国情報や渡航記録などによって留学期間の証明も可能にするということです。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携