Spotifyが2020年中国語音楽ランキング発表、「最も選曲された歌手」はジェイ・チョウ

華流    2020年12月9日(水) 12時0分

拡大

音楽ストリーミングサービスのSpotifyが8日、2020年中国語音楽ランキングを発表した。2019年11月2日、南京でジェイ・チョウのコンサート。

音楽ストリーミングサービスのSpotify(スポティファイ)が8日、2020年中国語音楽ランキングを発表。台湾の人気ミュージシャンのジェイ・チョウ(周杰倫)が、今年最も多くの人に選曲された歌手となった。

中華圏を代表する人気ミュージシャンのジェイ・チョウは、今年6月にリリースしたシングル曲「Mojito」(モヒート)もヒットを記録。8日にSpotifyが発表した中国語音楽ランキングで、今年最も多くの人に聴かれた華人歌手の1位となった。2位は香港の女性歌手G.E.M.ことタン・チーケイ(鄧紫棋)、3位はシンガポール出身の男性歌手リン・ジュンジエ(林俊杰)だった。

楽曲の年間ランキングでは、今年話題になった台湾ドラマ「時をかける愛 」(想見你)の主題歌で、ロックバンドの831(八三夭)が歌う「想見你想見你想見你」が1位となった。2位はジェイ・チョウ(周杰倫)とMayday(五月天)のアシン(阿信)が歌い、日本で撮影されたMVも話題になった「泣かないと約束したから/説好不哭」、3位には台湾の男性歌手エリック・チョウ(周興哲)の「怎麼了」が選ばれている。

アルバムランキングでは、G.E.M.が昨年リリースした「摩天動物園」が1位に。2位は台湾の男性ラッパーOCNの「#osnrap」、3位はエリック・チョウの「終於了解自由(Deluxe)」が選ばれたほか、5位にはジェイ・チョウが2005年にリリースした「11月的蕭邦」がランクインし、根強い人気を見せている。

この記事のコメントを見る

エンタメ トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携