カラオケは中高年層の人気娯楽に

CRI online    2021年3月1日(月) 12時26分

拡大

 近年、カラオケに行く1980年代や90年代生まれの若者は少なくなり、若者の娯楽方法は変わってきています。調査によりますと、かつて若者に人気があったカラオケは集まる場所としての人気度が落ち、中高年層の利用が主流になっていることがわかりました。 広西チワン族自治区南寧市のカラオケ店...

近年、カラオケに行く1980年代や90年代生まれの若者は少なくなり、若者の娯楽方法は変わってきています。調査によりますと、かつて若者に人気があったカラオケは集まる場所としての人気度が落ち、中高年層の利用が主流になっていることがわかりました。

広西チワン族自治区南寧市のカラオケ店のある日の利用状況は、四十数室中、利用されているのは5室だけで、しかもその殆どは高齢者でした。マネージャーの張明孟さんによりますと、午後の時間帯ならわずか数十元で利用でき、料金面でも時間の面でも定年退職者に向いているとのことです。調査によりますと、感染症の影響および若者の娯楽方式の変化から、カラオケ業界の全体的な顧客数は70~80%減少しました。大部分の店はコスト削減に努めて対応しているということです。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携