豪SBSのCGTN番組放送は無許可、CGTNが指摘

CRI online    2021年3月9日(火) 22時12分

拡大

 オーストラリアの公共放送局SBSはこのほど、15分間のCGTNの英語番組と30分間のCCTVの中国語番組を一時的に放送停止することを決定したと明らかにしました。これについて、CGTNのスポークスマンは、「SBSにCGTNの英語番組の放送を許可したことはない。法に基づいて厳格に行...

オーストラリアの公共放送局SBSはこのほど、15分間のCGTNの英語番組と30分間のCCTVの中国語番組を一時的に放送停止することを決定したと明らかにしました。これについて、CGTNのスポークスマンは、「SBSにCGTNの英語番組の放送を許可したことはない。法に基づいて厳格に行動することを望んでいる」と示しました。

CCTVニュースの6日の報道によりますと、「2006年にCCTVとSBSはCCTVの中国語番組の一部を無料で中継する協力協定を締結した。しかし、SBSにCGTNの英語番組の中継を許可していない。CGTNは関係者に実情を確認し、関係側が法に則って行動することを求めている」ということです。

CGTNのスポークスマンは、フランスの監督管理部門からCGTNチャンネルの放送管轄権がフランスの所有であることを確認する書簡を受け取った後、ドイツのボーダフォン(Vodafone)社は北京時間3月5日午前7時にCGTN英語ニュースチャンネルとドキュメンタリーチャンネルの放送を再開したと明らかにしました。これにより、CGTNの欧州関係国での放送許可の法的問題は解決されたとしています。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携