大ヒット作「琅琊榜」を超えるか?「明蘭」のチャオ・リーインが豪華制作陣と本格時代劇

華流    2021年4月20日(火) 10時6分

拡大

中国の女優チャオ・リーインが主演の新ドラマ「北斗南箕之歌」(原題)が、「琅琊榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~」を超える秀作になるのではないかと期待されている。

中国の女優チャオ・リーイン(趙麗穎)が主演の新ドラマ「北斗南箕之歌」(原題)が、「琅琊榜(ろうやぼう)~麒麟の才子、風雲起こす~」を超える秀作になるのではないかと期待されている。

「北斗南箕之歌」は、北魏の第6代皇帝・孝文帝の生涯を描く時代劇ドラマと紹介されている。近年、「琅琊榜」や「明蘭~才媛の春~」などといった人気作品を生み出し、高品質のドラマを制作することで視聴者の信頼を得ている制作会社・正午陽光影視有限公司の最新作となる。

主演は「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」や「楚喬伝~いばらに咲く花~」で知られ、正午陽光が制作した「明蘭~才媛の春~」でヒロインを好演した女優チャオ・リーインであることが明らかに。また、ドラマ「雍正王朝」をはじめ「大明王朝1566」「大江大河」などを手掛けた著名脚本家のリウ・ホーピン(劉和平)が脚本を担当。正午陽光を代表する監督で、「琅琊榜」の2作品や「大江大河」を生み出したコン・ション(孔笙)氏がメガホンを執ることも発表されている。

豪華な顔ぶれが集結することで、社会現象化するヒット作となった「琅琊榜」超えを期待する声が早くも上がっているこのドラマ。主演俳優については現在、同じく正午陽光制作の主演ドラマ「清平楽」が昨年好評だったワン・カイ(王凱)をはじめ、バイ・ユー(白宇)、リー・イーフォン(李易峰)、チャン・ルオユン(張若●、●は「均」を日へんに)の名前が候補として挙がっているが、こちらの詳細は明らかになっていない。

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

エンタメ トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携