中国人民銀 金融機関の外貨預金準備率を引き下げ

CRI online    2022年4月26日(火) 19時0分

拡大

中国の中央銀行である中国人民銀行は、金融機関の外貨資金の運用能力の向上を図るため、5月15日から、金融機関の外貨預金準備率を現行の9%から1ポイント引き下げて8%にすると発表しました。

 中銀証券の首席グローバルエコノミストの管涛氏は、「先週から国内外の要因による総合的な影響を受けて、人民元の為替レートに調整局面が出現した。中国人民銀行はこの情勢を受けて、金融機関の外貨預金準備率を1ポイント引き下げると発表した。この措置は外貨預金準備率を先ごろ引き上げたこととは逆であり、当面の為替情勢の変動を反映したものだ。国内外の外資流動性の改善や国内の為替市場の安定した推移の促進、人民元為替レートの安定にとって積極的なシグナルになる」との見方を示しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【日中WeChat交流広場】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!
WeChatの掲載希望も大歓迎!
あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携