西安空港で韓国機、操縦士の英語力不足であわや事故=操縦士を「空港への接近禁止」処分に―中国

Record China    2013年9月2日(月) 10時50分

拡大

(1 / 2 枚)

31日、大韓航空の旅客機が西安空港への着陸時に意思疎通の失敗により事故寸前の状態となっていたことが明らかになった。操縦士には1年間西安空港への接近を禁止する処分が下され、大韓航空は操縦士の英語力向上を求められた。写真は大韓航空機。

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携