第11回中国人の日本語作文コンクール表彰式が北京で開催=木寺大使「日中関係に大切なのは“感動の共有”」

日本僑報社    2015年12月23日(水) 0時10分

拡大

12日、日本僑報社・日中交流研究所主催の「第11回中国人の日本語作文コンクール」の表彰式と日本語スピーチ大会が北京の在中国日本大使館で行われた。

(1 / 2 枚)

2015年12月12日、日本僑報社・日中交流研究所主催の「第11回中国人の日本語作文コンクール」の表彰式と日本語スピーチ大会が北京の在中国日本大使館で行われ、木寺昌人大使をはじめ上位入賞者ら関係者約200人が出席した。

その他の写真

今年で11年目を迎えたこのコンクールには、中国各地の大学や専門学校など180校から4749本に及ぶ過去最多の応募作が寄せられた。日中関係の改善が待たれる難しい時期であったにもかかわらず、応募作が過去最多を記録し、中国の若者たちの日本への関心と日本語学習への意欲の高さが示された形となった。

表彰式で木寺大使は、今年第11回を数えるこのコンクールに対し「コンクールは今や日本語を学ぶ中国人学生にとって、参加することが大きな目標になるほどの大会に発展した」と高く評価。その上で、「将来にわたり安定した日中関係を築くために大切なのは、若い世代がさまざまな交流を通じて“感動の共有”を積み重ねること。日本と中国の未来を担う若者たちで、一緒に感動する機会を増やしてほしい」と、日本語を学ぶ中国の学生たちにエールを送った。

日本大使賞の授与式では、木寺大使から最優秀賞の日本大使賞を受賞した張晨雨(ちょう・しんう)さんに賞状と「日本1週間招待」の副賞が贈られた。日本僑報社の段躍中編集長は11年にわたる各界からの支援に感謝の意を述べるとともに、「日本語学習を通じて日本への理解を深めた学生たちを、これからも応援していただきたい」と、コンクールへの一層の理解と支援を呼びかけた。(編集/北田

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携