もう使わなくなった日本製の洗濯機を、両親が捨てようとしない理由―中国人学生

日本僑報社    2015年11月12日(木) 10時38分

拡大

(1 / 2 枚)

改革開放を機に日本企業の対中進出が始まり、日本製品が中国庶民の生活を支えるようになっていった。山東大学の孫穎さんは、今なお自宅にあるというシャープ製の洗濯機と一家の思い出について作文につづった。資料写真。

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携